読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日聞いたある御話

今日、H先生が先日、台湾に行ってきた時の御話を聞いた。

林良信さんという方にお会いしてきたそうで、その方のお父さんの林添信さんとお母さんの林千代さんという方が内村鑑三の弟子だったそうである。

 

林添信さんは、日本統治下の台湾から東京の学校に留学して、その頃、内村鑑三の弟子になったそうだ。

もともと身体が弱く、台湾に帰国した後も無教会の信仰を貫きながらも、一生涯重い病気や治療に苦しんだそうである。

 

日本にいた時に林添信さんは、沖縄出身の千代さんという女性と知り合い、千代さんは両親や周囲の猛反対を押し切って林添信さんと結婚し、良信さんが生れたそうである。

両親ともにキリストへの信仰を戦後の台湾で保ち続けていた家庭に生まれ育ったものの、林良信さん御本人は長い間キリスト教は信じていなかったそうである。

 

林添信さんが天に召された時も、どうしてこのように神に忠実に生き続けた父が一生涯病気に苦しめられたのかという疑問が湧くのを拭えなかったそうである。

 

それからしばらく時が経ち、母親の林千代さんも老いと病気で臨終の時を迎えたそうだが、その時の出来事で、良信さんは心境が一変してキリストを信じるようになったそうである。

どういうことがあったかというと、病院のベッドで臥せっていた母親の千代さんが、急にある時目を覚ますと、しきりに自分に何かを話したという。

 

呼吸が苦しそうな状態ではじめは何を言っているのかよく聞き取れなかったが、何度も一生懸命話しかけるのを聞いていくと、こういうことを言っていたそうだ。

 

白い衣を着た人に出会い、一面に紫の美しい花が咲いているところがあった。

美しい水の流れが流れているところだった。

そこで、亡くなった林添信さんとも再会した。

 

そのことを千代さんは目を輝かせて話したそうである。

そして、翌日意識を失い、間もなく天に召されたそうである。

 

良信さんは母親の千代さんのその言葉をはじめ聞いた時は、何か夢か幻でも見たと思って聞いていたそうである。

しかし、千代さんが天に召された後になって、一瞬のうちにすべてわかる時があったそうである。

その時に、林良信さんは、復活ということがあると心の底から信じることができるようになり、自分のように罪深く神を信じることもできない人間を導くために、父も母もその尊い一生を費やしてくれたことと、すべてが神の導きであったと一瞬のうちに悟ることができたそうである。

 

なんとも胸を打たれる話だった。

私もいつか、そのような紫の花の一面に咲く場所を見て、そこで先立った人たちに会う時もあるのだろうか。

そう思うと、この人生は虚しい滅びだけではなくて、大いなる慰めや希望を得ることができるような気がする。